上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログを下記の方へ引っ越しいたしました。
これからもどうかよろしくお願いしますm(__)m

パコの手作り石けんのあれこれの雑記
スポンサーサイト
なんということになってしまったんでしょうねえ・・・・。あ、野球の話です(^^ゞ
只今クライマックスシリーズの真っ最中ですが(^^;)
本来なら(?)一勝のアドバンテージを持ってホームで敵を迎えうっているのは阪神タイガースのはずだったのでは?少なくとも巨人と死闘を繰り広げているのは阪神タイガースであるはずだった・・・・。

んでですね、先に言っておきます。念のため。私はドラゴンズファンなんです(爆)

で、ど~してこんなため息が出るか、と申しますと、ワタクシ、ある夏の日、いきなり依頼を受けたのですね。いつもお世話になっている(とゆ~ことは断れないスジの)関西の方からです。
「今年は間違いないやろ!今もうマジックが出てんねんでぇ。優勝どころやない、日本一や。決まったようなもんやでぇ!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・そ~ですか・・・・(--;)あの頃はまだドラゴンズだって頑張ってたけどな・・・。
「で。や!タイガース優勝記念石けん作ってや!黒と黄色の縞々のヤツな。香りは爽やかにしといてや。勝利の後気持良く風呂に入りたいねん。一個サンプル作っといてな。頼むでぇ!」

・・・・・・・・・。タイガース優勝記念石けん??それをドラゴンズファンの私に頼むかぁ??

「なにゆうとんねん。ドラゴンズがどんだけタイガースに負けてる思てんねん。王者のためや!下のもんがゆうこと聞くのは当たり前やん!!」
そ・・・そ~ですか・・・(^^+)←ぴくぴく・・・・
「で。や!スタンプも頼むでぇ!!HANSIN Tigers VICTORY 2008CAMPION ってな!これが大事やねん!このスタンプだけはしっかり押しといてや!」

ぐぉぉぉぉぉぉぉ(--;)・・・しかし・・・今年の優勝は間違いなさそうだし・・・。お世話になっている人の頼みだし・・・・。断れませんがな(^^;)

そんな訳でスタンプセットを慌てて注文し、サンプルを作り、送らせてもらいました。
「出来ましたよ~。こんなんでいかがです?」

013.jpg

すると・・・・・。「ええ!ええやないかぁ!!これで頼むわぁ!」
はいはい(^^)んじゃ本番を仕込みに入りますね。10個もあればいいですか?
「何ゆうとんねん!!100個や!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(0.○:)
ひゃ・・・ひゃっこ・・・・・・・?!

「あちこちに配るねん!せやからラッピングも頼むで!黄色の包装紙に黒いリボンや!タイガースやからな!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。おっさん・・・・・・・。おっさんはわからないでしょうが、これは5段のレイヤーなんですよ(^^ゞ  5段、ってことは一回仕込むのに5回重ねなければならない、というとてもめんどくさいシロモノなのですよ。それを百個????

「知らんがな!タイガースが縞々やねんからしょ~がないやろ!サンプルきれいに出来とるがな!これでええねん!頼むで!!」

で、作りましたよ、はい。作らせて頂きました。今年の夏はもう阪神タイガース優勝記念石けんのために毎日毎日石けんを仕込み、重ね、エッセンシャルオイルをブレンドし、型に入れ、出し、カットし、磨き、スタンプを押し・・・・・・以下延々・・・・・・。石けんをお作りの方ならこの苦労、わかって下さると思います(T.T)
で、百個作ったのです。私(^^;) 優勝記念石けんを。

014.jpg


で!!この始末です。現在。

くっそ~~~~・・・・・。こんなことならもうちょっとレッドパームを多めに配合して黒とオレンジの「ジャイアンツ記念石けん」にしておけば良かったのか?(爆)
って~~か、もういっそのことドラゴンズ頑張れ石けんでも作った方が良かったのか?(笑)

ま、作ってしまったものはしょうがないですね(^^;)
おっさんも喜んでくれましたし、炭が良い感じに毛穴の汚れを取ってくれて、ぜんっぜんタイガースのファンじゃない、というより野球なんかど~でもいい、という友人が「これ洗顔にめっちゃいいじゃん!」と持って行ってくれたりしております(笑)
実を言うと私も気に入ってしまって、洗顔用石けんとして愛用しているのです(^▽^)
最近お気に入りの油の配合と言えば、オリーブにマカダミアナッツに馬油と米油、そしてシアバター。


手作り石けんは溶け崩れが激しくて、泡立ちも悪い、というのは定説ですが、私は元々泡立ちたっぷりの合成洗剤を使っておりました人間ですので(^^;)、硬さや泡立ちもきっちり欲しいんですね。
いえ、合成洗剤のように起泡剤を使って、ってことではなく、あくまで手作り石けんで、あくまできちんと作った上で、のことなんです(^^ゞ
「硬さ、泡立ちも使い勝手の一つ!」というのが私のポリシーであったりします。(力説。(笑))


んで、あれこれやってみましたよ~~~~。友人にも試してもらいながら、泡立ちはどうか?硬さはどうか?ど~~したら泡立ちが良くなるのか?
あれこれあれこれ試してみまして、そして今の配合になった訳です。「ん~~~・・・これなら・・・・。」という所までこぎつけるのに作った石けんはどのくらいの数やら・・・(笑)


で。最初の配合です。これだけでは泡立ちもちょっと悪く、また硬さも得にくいのでパームやココナツを足し、場合によってはさらにバター類も足してみる。
パームは何%がいいのか?馬油は?マカダミアは?これまたあれこれ%を変えながら試してみて、ん~~~♪いい感じ♪となったのがキャラメルミント、そして同じ配合で無香料のEVER GREEN。

IMG_0882.jpg


これがEVER GREENです。もともとは「チョコミントのあのブルーが出したい。」という話から出来てしまった緑なのですね(;´▽`A``

ですからちょっと面白い緑です。

ジェル化させたのでチョコミントブルーとはぜんっぜん違う色になりましたが(^^;)



この配合は何のために作ったか、と言いますと、「シャンプー」のためなんです

これがいいんです(^^) 髪の手触りが変わって来るんです(^^) 何だか嬉しい(^^)

ちなみに、シャンプーにするためには普通の石けんよりもさらに泡立ちが必要になって来ますんで(割と髪は泡が立ちにくいんですね・・・)、これはめっちゃ泡立ちが良いように考えました。キャラメル色の石けんがコンフェッティで入っておりますが、これもダテに入っている訳ではございませんです♪

香りが無いのはさみしいもん・・・とか友人が言いましたので、香り付きも作りました。

IMG_0998.jpg

こちらは「キャラメルミント」。ミントってくらいなので香りづけに0.5%のハッカ油を入れました。んな訳でふわっとハッカが香りますが、使ってもス~ス~はしません。これからの季節、ス~ス~したら寒くてお風呂に入っていられませんもん(爆)それだけではさみしいんで、ちょっと甘い香りもつけてます。
これで毎日お風呂で髪を洗うのが楽しみになってしまった私です(^^)

私のお店にも置いてありますので、一度覗いて見て下さいね♪
工房 パコ
嬉しい贈り物ってありますよね。お菓子なんかでももらうと嬉しい!ってものがあります(^^)
もらって嬉しいお菓子って言ったら私はケーキかなあ・・・。

さて。ケーキって言ったらいろんな形、色があって、味はもちろんだけど、「パティシエ」なんてかっちょいい名前の職人さんが「もうとにかくセンスなんだからさあ。ちょっと他では出来ないでしょ、こんなのさっ♪」って感じで作っちゃった、見ただけで「おおおお!」って嬉しくなるような美しい出来上がりで「食べちゃうのもったいないよねえ、ほんっと、でも素敵♪」なんて言いながら紅茶を入れます午後3時、ってのがそれだけでもう幸せな雰囲気がありますでしょ、あれが好きなんです(^^)

んでですね。頼まれた訳です。ケーキを。
いえ、ケーキと言ったって、本物のではなく、石けんで作ったケーキを。です(^^;)
しかも細かい注文付き。
「6段くらいの苺のミルフィーユ!!」。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

これは知り合いの子供さんからのご依頼です(^^ゞ
実はその前にその知り合いの旦那様から石けんのアイディアを頂きまして、そこは大人ですから出来そうなものを・・・というご配慮も下さって、「緑茶とウーロン茶で作った茶色と緑の2段石けんなんてどう?」ということだったのですね。
それで作った訳です。もちろん、「茶色と緑」という所は外せないのですが、原料に関してはこちらで選択。実は緑茶もウーロン茶も発酵の度合いが違うだけで同じ茶葉なのですね(^^ゞ
よ~するに同じ色になってしまう・・・。インフューズすると時間がかかりすぎるのでNG。ですからちょっと材料を変えまして、作りました。

s-IMG_0174.jpg
それがこちら。茶色い部分は緑茶と牛乳、緑の部分は青汁で出してます。ういろうのようです(笑)


んで、「この石けん、パパがアイディアを出したのよ。」とママから聞きまして、その子供さんが羨ましくなってしまったのですね。
そこで冒頭へ戻る訳です。「僕のアイディアも伝えて!6段くらいの苺ミルフィーユ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(^^;)

6段くらい・・・・。6段レイヤー・・・・・。6段・・・・・。めんどくさいがな!!これが大人の依頼だったら断る所なのですが、お子様の依頼では・・・・。作るしかあるまい(-"-;A

んで苺ミルフィーユの検索から始め・・・・・・(笑)
しかし世の中、ほんっとに素晴らしいパティシエさんが多いのですねえ・・・。とてもマネ出来るような苺ミルフィーユなんてありゃしない(--;)
「ああ・・・美味しそう・・・。ああ・・・これ欲しい・・・。ああ・・・・こんなんもらったら嬉しくて踊ってしまうかも・・・。」
ヨダレをたらしながら検索すること1時間。そして結論。
「こんな芸術品みたいなケーキを石けんに出来るかぁぁぁ!!!」(怒)

そんな時ふと見つけました。「粘土細工で作ろう!苺ミルフィーユ!」(爆)
んでもちろん、それを参考にσ(^_^;)
「あげたら喜んでくれるかなあ。子供さんが使うんだから低刺激の石けんがいいよねえ・・・。嬉しいって思ってくれるかなあ・・・。」
そう思いながら作りましたよ(^▽^;)まず苺。そしてパイ部分。生クリーム部分。そこへ作っておいた苺石けんをスライスして挟みこみ・・・そしてパイ部分。生クリーム部分・・・・・・(これの延々の繰り返し^^;)
んで出来たのがこちら。
IMG_0593.jpg

苺ミルフィーユ石けんです。カットするとこんな感じ。
IMG_0595.jpg

さて。これを作りまして出来上がりまして、送らせて頂きました。お子さんはとっても喜んでくれたそうです。良かったなあ・・・(^^)

んでですね。この後ですが・・・・・。ご依頼を受けたお子様だけでなく、何の関係もない友人たちも「これ欲しい!!」と言いだしまして、もう一度仕込むハメに・・・・(TT)

更には「今年もよろしく!」となりまして、先日、新たにまた2バッチ仕込むハメとなったのでした(泣)
もらうと嬉しいんだけど・・・・作るのは大変です(笑)
今日は私のHPの中からの記事を一つ。

「苛性ソーダに触れたら流水で洗う。」というのが応急処置の基本です。「30分以上は洗い流すこと」、と安全データシート(取り扱う化学物質についての性質、また使用者が安全な取り扱いを出来るように必要な情報を書面化したものです。略語でMSDSと呼ばれます。)と書いてあります。


「流水で」と書いて、「水で」とは書いてありません(^^;)

何故かというと・・・・。
薬品に触れた場合、「洗い流す」のが目的になったり、先にたんぱく質よりも水と反応させて薬品の力を落とす、というのを目的として水を使うからです。

その際、バケツなんかの水で洗うと・・・?
洗い流した薬品はバケツの水に入ります。うす~~い水溶液の状態ですね(^^;)
そこに手を突っ込んで洗うのでは、効率も悪くなりますし、薬品がとても濃度の高いものだった場合、却って薄い水溶液で手を洗う・・なんて状態になってしまいます。

そんな訳で常に新鮮な状態の水、「流水」を使って下さい、とお願いしているわけです。

さて、表題の「なぜキッチンで作るのか?」ということですが、
キッチンはこの「流水」がすぐ出る場所だからです。

家庭内には、すぐに流水が出せる場所が3か所あります。
キッチンと、お風呂と、トイレ。
この中で、流水と作業台、この二つを兼ね添えているのはキッチンだけだからなのですね。

作業がしやすく、またいざという場合にすぐに流水で応急処置ができる場所、これがキッチンなのです。
ですから、劇薬である苛性ソーダを水溶液という最も危険な状態にする場合、キッチンで作業を行うのが望ましいのです。

女性にはキッチンは最も身近な場所。料理を作ったり、お菓子を作ったり、とても家庭的な場所です。
でも、学校の理科室を思い出して下さい。
水道がありませんでしたか?授業を受ける時、ノートも取っておりましたが、その机は作業台として実験にも使っていませんでしたか?
家庭内のキッチン、実は理科室や実験室に最低限必要なものがそろっているのです。
ですから、意識としては、「家庭的な場所。お菓子作りみたい。」というものよりも、「実験室と同じ。化学反応を起こしているなあ・・。」という意識でもって石鹸作りの作業をするのが望ましいのじゃないかなあ・・・と思っております。
その方が危機管理意識が高まりますので・・・・(^^;)

昔、実験の際には、いつも万が一のために蛇口から流水を出しっぱなしにして実験しておりました。
いざという時、すぐに流水の下に薬品が付着した部分を差し出せるように、です。
(反応の早い薬品は、”蛇口をあける”というわずかな時間の違いでも損傷の度合いが違って来ますので・・・)
実際、そのくらい薬品が付着した時にはわずかな時間の勝負になるのです。
ですから、流水の出ない場所で苛性ソーダを水溶液にする、という行為はぜひおやめ下さい。
いざという時、皮膚の損傷の度合がひどくなってしまいます。

ただ、家庭で「流水出しっぱなし」をやると、水道代もかかりますし、「節水」なんて概念も吹っ飛んでしまいますので、 あまりお薦めしませんが、シンクの中に洗い桶があるおうちは、そこに水をいっぱいに入れて石鹸作りの作業をするのも良いかな?なんて思っております。
いざとなったら、すぐにそこに手を突っ込んで(付着するのは手が多いと思いますので・・・)、その間に空いた方の手で蛇口を開け、流水でしばらく洗い流す、という方法はどうかなあ・・・??
洗い桶に入れておいた水は、何事もなければその後の洗いものに使えますもんね(^^)



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。