FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アントシアニン。

ぶるぶるぶるべり・あいっ!あいっ!ぶ・る・べ・り・あいっ!!
アントシアニンからぁぁぁぁ~~~~♪
とうCMがありまして・・・・(^^ゞ

アントシアニン?アントシニアン??などと何だかよくわからなくなった時、これを歌いながらあれこれ調べていた訳です(笑)

アントシアニンとは、難しいことははしょりますが、ブドウとか、ムラサキキャベツ、もちろんブルーベリーなどの色素の元になっているものです。
このアントシアニン、pHによって様々に色が変わるので、石けんならずとも何かのpHを調べたい時、ちょっと便利な試薬代わりになったりします。

22-imo-ph.jpg

アルカリ度が強くなるほど青が濃くなって行くのですね。

さてさて。石けんは弱アルカリです。pHは大体8~9あたりで落ち着いているはず。じゃ、このアントシアニンをたっぷり含んだオプションを使えば、青い石けんが出来るかも♪

青い石けん・・・。これは私の憧れでありました。
ウルトラマリンとか銅クロロフィルとか、鉱物由来の色素を使えば青は簡単に出るのですが、この「鉱物由来」という所が実はちょっと心配・・・・。
微量ではあるのですが、やはり鉱物由来となると重金属イオンが石けん排水に入りこんでしまう恐れもなきにしもあらず、と。それはいわゆる環境破壊の一環ともならないこともない、と。
特に銅クロロフィルを使うと、本来は緑色になるはずであるのに何故青い石けんが出来るのか??
クロロフィルの輪が外れて銅イオンだけ出て来ているかも知れない・・・。などと思った訳です(^^;)
(↑銅だけ出てくると青くなるのです・・・)

そんな訳で、なるべくなら植物由来の色素でもって青くしたい。それなら安心して石けんを青く出来る。さあ、青い色素を持った植物は・・・?

そこで出会ったのがこのアントシアニンなのですが・・・・・・・。

おお。「記事が長いぞ!」とクレームを受けましたので(笑)、続きはまた明日あたりに・・・(^^;)
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ではは(^^ゞ

いやあ、読んでおられたんですねえ・・・。(って公開してるんだからそりゃそうかあ・・・www)

そうです。あのパウダーはアントシアニン、しかも「強い」アントシアニンがたっぷり含まれているのです。
でも・・・ね・・・。

続きはまた明日~~~!(^0^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pacosfactory.blog92.fc2.com/tb.php/6-22f2a996


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。