FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石けんに関しては本当に素晴らしいと思うのですが、バイブルと言われている手作り石けんの本を見た時、一番驚いたのが「苛性ソーダの扱い方」です(^^;)
これから書くことに不快感を覚える方もいらっしゃるでしょうが、大事なことなので書きますね。
決してその本の石けんを否定する訳ではないのです。「苛性ソーダ水溶液の扱い方について。」の部分なのです。

紙の上に苛性ソーダを乗っけてそれをガラス瓶にざぁっと入れる??
さらにそこへ水を注ぎ込んで???
さらにさらにそのガラス瓶を氷水へ????
こぼした時の用心に流しで行うこと?????

ちょぉっとまったぁぁぁぁぁぁ!!!!

確かに「薬包紙」と言って薬品を計る時に使う紙もありますけど・・・。
苛性ソーダはいろんな形状があったりして、粉末状になっていることもある・・・・。
飛び散ったらど~~するの?
ゴーグルは推奨されてますが、苛性ソーダは「腐食性物質」です。もう金属やらなにやら、けっこう「丈夫」と思われてるものでも腐らせて(破壊して)しまうものです。

水を入れると危ない、というのは昨日書きました。
危ないんです。結論は。

ガラスって・・・。熱伝導しにくい物質です。中の温度が上がっていても、外まで温度が上がるには時間が必要。
逆に外がいきなり冷えても中は冷えにくい。
ガラスは温度によって縮小したりします。外をいきなり冷やすと縮小しますが、中の温度は熱いまま・・・そこにゆがみが生じて割れてしまう可能性あり、なのです。(だから肉厚のガラスを温度変化の激しいものに使うのは危険なのですね。)

瓶が倒れた時の用心に流しの中でって・・・・・。それでは瓶を倒した時には高濃度の苛性ソーダはそのまま流しから排水溝へ流れ込む・・・・・。
これってほぼ違法です(^^;)
苛性ソーダはその廃棄方法までしっかりと法律で決まっている劇薬です。
いい加減に排水なんかしたら、ヘタすると排水溝、浄化槽を使用している集合住宅などはその浄化槽まで破壊してしまう可能性がある・・・・。(浄化槽の弁償費を払うことになるかも・・・。)

やったらいかんことばっかりやん!!!

おお・・・・赤い字が多い・・・・(^^;)

苛性ソーダ水溶液を作る時にはしっかりと「耐アルカリ性」が確認されている「ポリプロピレン」「ポリエチレン」性の容器を使うのが安全です。
化学用品を扱っているサイトでは、そういうビーカーが300円あたりから、というお手頃な値段で販売されています。そちらを使った方が良い!って~か使うべきでは・・・?
KC380004.jpg
↑ポリプロピレン製のビーカー。耐熱135℃(そこまでいらない・・・^^;)。耐薬品性(苛性ソーダ含む)。500mlで288円。2リットルでも498円(いや、でかすぎるけど・・・^^;)。
安いやないか~~~い!!青にしてみた・・・(^^ゞ

これで安全が買えるなら安いものではありませんか?(←でも送料がちょっと高い・・・)
これを二つ買い、一つには苛性ソーダを計り取り、一つには水を入れておく。
そして、水溶液を作って行く。これが安全だと思います。

もう一つ。ガラスを使わない理由としては、苛性ソーダはガラスを溶かす、という性質をもっておりますので・・。(ただし、すぐにどろどろに溶ける訳ではなく、長い時間をかけてゆっくりゆっくりと侵食して行きます。劣化具合に気付かないで使い続けているうちにある日パン!と割れてしまう・・・という可能性があります。これも恐ろしい話だよなあ・・・^^;)

そんな訳で私は苛性ソーダ水溶液はポリプロピレンのビーカーで作っております。取っ手付き、注ぎ口付き、でとても便利で安全なんであります。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いやあ、あの記述を読んでこれはどうかな・・と思っている時に、事故が多いという話も聞いて、さらに実際にあれこれ困っているコメントを読んだりしているうちに、微力ながら何とかしたい・・・という気持ちが高まってあのコミュを立ち上げてしまったのですよ(^^;)

あの記述はなおさないでしょうね。あの後ろに2ページに渡って「私はこういう理由であえてこのやり方をしているのです。」と力説していらっしゃいますから(^^;)

そういう点では、もうお一人のカリスマさんは、すぐに途中で作り方を変えていらっしゃいますから、「こちらの方が信用出来る。」と化学者の方もおっしゃっておられるんです・・・・。

今日もまた為になるお話をどうもありがとうございます。 
実は私もガラス瓶に精製水を入れて
そこに苛性ソーダを少しずつかき混ぜながら入れて
いました。 それはどうやらNGなんですね。 
ガラスは苛性ソーダに少しずつ溶けるって初めて知りました。
そのうち薄くなったガラスが苛性ソーダ液がはいったまま
パリッと割れたら怖いですよね。 
ポリプロピレンのビーカー探して、私もそちらで作るように
したいと思います。 これからも為になるお話よろしく
お願いします^^

lavandeさんへ。

「ガラス瓶で作る」が広まってしまっているので、けっこうガラスで作っておられる方が多いと思うんです。
そして、「苛性ソーダはガラスを溶かす」ということはあまり知られていませんので・・・(^^;)

研究室ではなにげに苛性ソーダをガラス瓶へ入れてしまって、フタと本体が溶けてくっついてしまって開かなくなってしまった・・・なんて失敗談もあるようです。

考えようによっては面白い物質なんですが、いざ自分で使う、となるとやっぱり怖いものなんで気をつけて扱いたいですね(^^)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://pacosfactory.blog92.fc2.com/tb.php/9-d47e7c4d


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。